カテゴリー別アーカイブ: 日記

パーイの移動ならバイクがオススメ

アジア旅行でぜひともクリアしたい目標は「バイクを乗りこなす」ことです。
バイクといっても難しいことはなく、50cc~100ccクラスのオートマバイクのことです。
オートマのバイクについては運転がとても楽です。
マニュアルのような面倒さは一切ありません。
アジア各国でも運転が楽なオートマのバイクが主流となっています。
これはぜひとも活用したいところです。
ところでアジア各国で利用可能なオートマのバイクですが、町の至るところでレンタルショップが出ています。
その光景に驚くかもしれませんが、バイクのレンタルは日常的なものであり、多くの観光客の足ともなっています。
このようにメリットが多いバイクですが、1日あたり500円前後で借りることができる地区も多く、ぜひとも活用したいアイテムです。
日本ではバイクに乗る機会がないといった人が多いことと思います。
日本では自転車か公共交通機関、また車が主力です。いずれかで移動することが多いことと思います。
特に日本では車が多いため、バイク走行は危険といえます。
しかし逆に車が少ない地域ではバイク走行についてもそんなに危険なものではありません。
タイ北部の町、パーイに行くなら断然バイクがおすすめです。

タイ旅行はレンタルバイクが便利

タイ旅行は人気ですよね。
1ヶ月など長期でタイをめぐろうと考えている人もいるのではないでしょうか。
タイについては1年を通じて気候が温暖であり、雨季についても1・2時間雨が降る程度なのでそんなに心配することなく旅行することが可能です。
タイ旅行では南部から北部までまわりたいといった人も多いことと思います。
南部については海のスポットが多く、北部は山のスポットが多いのが特徴です。
北部といえばチェンマイを中心に旅行する人が増えています。
チェンマイについては、近年日本人観光客も増えており人気スポットとなっています。
チェンマイからさらに北に行くと、山岳民族に会える地帯が増えてきます。
有名どころとしては首長族です。
首長族の村へ行くといった人の中には、バスなど飛行機以外の交通手段を使って移動する人も多いことでしょう。
そうした人はチェンマイから首長族の村の途中にある「パーイ」という街に立ち寄ってみてはどうでしょうか。
パーイは最近バックパッカーから注目されている街です。
温泉などが有名で、デザイナーなどの滞在が多い街として知られています。
バイクについてもレンタルできるので、温泉めぐりをしてみるのもよいですね。
大自然の中の温泉はまた格別です。

チェンマイをめぐる

みなさんは「チェンマイ」という街の名前を聞いたことがあるでしょう。
チェンマイですが、東南アジアタイランドの北部にある街であり、タイ第2の都市といわれている街です。
昔は首都だった場所で、その繁栄の様子も伺える街となっています。
チェンマイですが、近年ではテレビでも盛んに取り上げられており、日本人観光客が増加しつつある街となっています。
チェンマイをはじめて訪れた人の中には、「いつかこんな街に住みたい」と思う人も少なくないのだとか。
多くの観光客を魅力するのもチェンマイの魅力です。
そんなチェンマイですが、せっかくならバイクを借りて街を散策しましょう。チェンマイ自体はあまり大きな街ではなく、またソンテオという公共の乗り物も走っているので交通についてもそんなに困ることはないのですが、郊外の観光スポットをめぐる際は、バイクでの移動がおすすめです。
観光客がそんなに気軽に借りることができるのかと疑問をお持ちの方もいるかと思いますが、それこそあっさり借りることができます。
チェンマイはバンコクと異なり、運転についてもそんなに危険ではありません。
そのごちゃごちゃしたイメージはないので、安心して移動することが可能です。

バイクでお買い物

買い物については、気分転換としてもおすすめです。
日用品を買うのは億劫といった人も、服などを買うのはうれしいことと思います。
買い物ですが、休日はぜひとも繰り出したいところです。
最近ではネットショップで済ませてしまう人も増えていますが、実際にウィンドショッピングするのは楽しさも倍増することと思います。
実際に商品をみてから、購入を考えるといったスタンスでもいいわけです。
ところで休日のお出かけの際は、どういった交通手段で移動しますか。
バイクや車、自転車などさまざまですよね。
せっかくの休日なので、バイクや車についてもチャレンジしたいところです。
特にバイクはおすすめです。
あまり駐車場を気にすることなく、すいすい移動できます。
都内であれば特にバイクは最高ですね。
バイクですが、普通運転免許を持っているのであれば50ccのものでも問題ありません。
50ccのバイクについても運転が楽です。
また経費が安いのでお財布にもやさしいのが特徴となっています。
これはぜひともチェックしたいポイントです。
50ccのバイクを所有するようになってから、行動範囲がぐんと広がったという人も大勢みられます。
そうしたことからぜひとも調達を検討したいアイテムとなっています。

バイクと荷物

バイクについては前にかごがついていたり、椅子の部分が収納できるつくりになっていることもありますが、気穂的にあまり荷物はつかないといった状況です。
中には、後ろの部分に紐をくくりつけて荷物を載せている人もいます。また宅配業者などは後ろに大きめなBOXを搭載している姿もみられますね。
またおすすめとしてはリュックを背負うのも良いでしょう。
リュックですが例えば事故の際、リュックがクッションとなり助かったという話も耳にします。
このように体を守る作用もあることから、上手に活用したいところです。
リュックですが、移動の際は本当に便利です。
荷物を持っていても両手が開いている状態になるので、持ち運びが楽といえます。
また重い荷物はぜひともリュックを活用したいところです。
なぜならリュックを活用すると重い荷物も比較的楽に持ち運びできるからです。逆に手に持つとさらに重く感じてしまいます。
バイクについてもやり方しだいで、荷物を楽に運ぶことが可能です。
これはぜひとも活用したいところですね。
荷物についてはこうした形でさまざまな持ち方が可能です。
工夫次第でけっこうつめるので、その点についても考えてみるといいでしょう。
ぜひとも参考にしてみてください。

バイクの試乗

バイクへの試乗をしたいといった人もいることと思います。
バイクについてはたくさんの種類があるので、どれがいいか迷いますよね。
価格と好みなど自分のお財布と相談する必要があります。
どうして高いものは良いものが多くそれがほしいと思いがちですが、無理することなく予算にあった範囲で購入を検討しましょう。
無理して購入した人の中には、ローンの支払いが大変で早々に手ばなしてしまったという人も少なくありません。
ローンについては、想像以上に大変です。
最初は大丈夫だと思って組んでも、後々払えなくなったというケースがけっこうあります。
身の丈にあった買い物は、自分を守るための手段です。
身の丈にあわないものは、手を出さないのが無難です。
それはさておき試乗については、無料でできるのでどんどん試してみましょう。
バイクのフェアーなどはそうした機会が多いと思うので、ぜひとも参加したいところです。
バイクへ実際に試乗してみて、わかることもあることと思います。
バイクはメーカーによって癖があり、独特の仕様になっているものもあります。
そうしたことも考えつつ、自分の体格にあったものをセレクトしたいところです。
自分のあったものをセレクトすることで、さらに乗り心地が良いものが見つかることと思います。

バイクに乗ってみて

バイクは多くの人の憧れのことと思います。
彼氏やパートナーのバイクやお父さんのバイクに乗せてもらった経験がある人もいることでしょう。
そうした経験を通じて、自分で乗ってみたいと思っている人もいることと思います。
例えば大学生なら、50ccのバイクを乗ってみてはどうでしょうか。
モンキーなどおしゃれなものもありますよね。
バイクについては、便利なものです。特に交通の便が不便だったり、山の方に学校があるといった人は便利な足となります。
山の方の学校ですが、それこそ坂ののぼりおりが多く、大変といった声が後を絶ちません
。自転車だとへとへとでもバイクだとスイスイいけるといった人も多いことでしょう。
バイクですがこのように楽しみつつ、また生活の足として活用することが可能です。
バイクに乗って山へ行くのも良いです、海へ行くのもいいですね。
風が気持ちよく、病み付きになる人も多く見られます。事故についても保険などにしっかり加入して、対策を練っておきましょう。
こうしたことをコツコツやっておけば、けっこう安全に乗れるものです。
バイクですが、自分の好みのものを探すのも楽しいですよね。
予算は免許しだいですが、ぜひとも自分好みのものを探しだしたいところです。

バイクデビュー

バイクデビューについて興味を持っている人もいることと思います。
日本の法律では16歳以上から免許の取得が可能です。
高校で免許が許可になっている学校もあるので、ぜひともチェックしてみることをおすすめします。
日本の学校は免許に関してルールがけっこう厳しいのが一般的です。
高校卒業時の3年生になると、免許の解禁といったものがある学校もあります。
それにしてもルールがあり、志望校に合格した人や進学が決定した人のみといった制約があるケースがほとんどです。
早く取得したい気持ちは理解できますが、そんなにあせることはありません。
上記をやり遂げてから集中してとりましょう。
短期間でとりたいといった人は、集中的に通うことで早めに習得することが可能です。逆にだらだら通っていると、習得することは不可能となっています。
免許についてはあるにこうしたことはありません。
履歴書でも掲載できるものとなっています。
またバイクについても取れることから、とっておきましょう。バイクに乗りたいと思ったとき、仕事で忙しく教習所に通うのがきついといった声も聞かれます。
なぜこうしたすすめをするのかというと、免許取得はけっこう時間がかかるからです。バイクデビューはまだ先であっても、先に免許を取得しておくことはおすすめといえます。

バイク初乗り

人間はさまざまな好奇心を持っているものです。
例えばブランド品がほしい、○○にチャレンジしてみたいなどいろんな希望があることと思います。
こうした希望はとてもいいことです。できることは限られている可能性が高いと思いますが、やれることからかたっぱしからチャレンジしたいところです。
ところでバイクについてチャレンジしたいといった人もいることでしょう。
バイクは多くの人のあこがれでもあります。バイクですが、危険な話も耳にしたことがあることでしょう。
しかしそうとは言い切れません。
乗り方しだいでとても便利なアイテムであり、また経済的にも車よりもメリットが高いものでもあります。
バイクについては、最初は緊張しますよね。
それこそ初乗りはドキドキのことと思います。
初乗りですが、多くの人は教習所ですることになると思います。
教習所ではとてもためになることを学べる場です。
道路でのルールやバイクについても実習などさまざまなものがります。
こうしたものをいくつか乗り越え、少しずつ成長していくことと思います。
その後ですが、教習所だけではやはり練習は不足しがちです。
可能であれば自分のバイクを用意して、さらに上手に乗れるようがんばりたいところです。